ADK(仮想通貨)AidosKuneenの今後!上場先取引所や発行枚数は?

今回はAidosKuneen(ADK)の特徴や今後について、上場先取引所や発行枚数などの情報をまとめました。

SNSでの評判も掲載しておきますので、ご参考にして頂ければ幸いです。

Aidos Kuneen(ADK)の特徴

2017年6月にAidos Kuneen(ADK)は公開されました。特徴としては「匿名性が高く、取引手数料が無料」という点が最大の特徴と言えるでしょう。

具体的にはiMesh」と「AKShuffle」という技術が採用されています。

「iMesh」はDAGという技術をベースに開発されています。DAGは非ブロックチェーンの技術になります。この技術を採用している仮想通貨はIOTA(アイオータ)やByteBall(バイトボール)などが挙げられます。採用されている仮想通貨は5種類程度のようです。

「iMesh」は、マイニング作業が不要のため、取引手数料が発生しません。また、スケーラビリティの問題も解決しております。

さらに「I2P」という技術も採用されており「AKShuffle」の技術を用いることで、誰が・どこに・どのくらい送金しているのかが分からなくなります。

つまり、匿名性が高い仮想通貨であるため、銀行や企業にとっては貴重な存在であることが言えるでしょう。

 

提携先情報

オフショア銀行と提携を進めています。オフショア銀行は、タックスヘイヴンに所在する銀行であるため、合法的に課税を回避出来ます。

そのため、企業や投資家など巨額な資産を保管するために利用されることの多い銀行です。

 

Ricardo Badoer(リカルド・バドエル)氏について


Aidos Kuneen(ADK)の開発者である方です。提携先であるオフショア銀行に勤務していた経歴があります。

退職後は仮想通貨トレーダーとして5年ほど過ごし、その間に大きな利益を得たことで有名です。

リカルド・バドエル氏は投資家たちから厚い信頼を得ています。その理由はクリプトダオという取引所で上場していたADKを取り下げた際に、ウォレットが削除されてしまい、ADK保有者の全てのADKを失ってしまうという事態が生じました。

保有者は途方に暮れておりましたが、リカルド・バドエル氏が自分の資産から紛失した全てのADKを保障したことにより、業界では一気に知名度が上がりました。

また、上記のような出来事を経験し、独自のADK専用の取引所「Aidos Market」を開設することとなります。

 

Aidos Kuneen(ADK)の評価

 

Aidos Kuneen(ADK)の上場先

「AidosMarket」と「nessie」になります。 BTCベースで購入することが出来ます。

時価総額ランクは50番位を推移しています。現在の流通量は1020万枚であり、2500万枚が最大供給量となります。

 

Aidos Kuneen(ADK)の今後について

ADKはタックスヘイブンの市場を狙っています。市場戦略がうまくいき、世界中の銀行や企業との提携、および大手仮想通貨取引所への上場が順調に進めば、需要は多いため、価格はうなぎ上りになることが予想されます。

また、今後の公式情報にも是非注目しながら、動向を追っていきましょう。

以上がAidosKuneen(ADK)の特徴や将来性について、また上場先取引所や発行枚数などの情報になります。

SNSでの評判も好評ですので、是非ご購入を検討してみては如何でしょうか。

 

Aidosmarketの口座開設はコチラの記事を参考にしてください↓

Aidos market(ADK取引所)の登録や二段階認証!入金方法(送金)や使い方を解説!

2018.07.23

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です