バイナンスでのADAの買い方や売り方(指値も)!送金・出金方法!

バイナンスに登録したものの「買い方や売り方がいまいち分からない方」や「送金や出金などに不安がある方」は多いと思います。

そこで失敗をしないためにも「買い方・売り方・送金・出金方法」について説明をしていきます。

尚、バイナンスでADAを買う場合はBTCかETHを事前に他取引所から送金しておく必要があるため注意してください。

また、BTCやETH以外を送金してきて、BTCかETHに換金しておく必要があります。

 

まだバイナンスで無料口座開設されていない方はこちらの記事を参考に済ませてください↓

バイナンスの口座開設の仕方!スマホでもできる?日本語対応は?

2018.04.03

バイナンスでのADAの買い方・売り方

①まずはログイン画面で登録しているメールアドレスとパスワードを入力し、2段階認証を入力してログインしてください。

 

②ログイン後、取引ベースの選択をします。保有しているコインがBTCであれば、BTCmarketを選択しETHを保有していれば、ETHmarketを選択して下さい。

 

③選択後は星マークをクリックしておくと、お気に入り登録が出来ますので、次回からADAを探す手間がなくなります。

効率の良い取引をするめにも、是非登録しておくことをお勧めします。

 

④選択したベースコインのADAをクリックするとトレード画面になります。

水色の枠がチャート、赤色の枠が購入時に使用するもの、緑枠が売却する時に使用するものになります。

 

⑤初めに、買い方について説明をします。

まず一番上に自分が今どの位ベースとなるコインを保有しているのかが表示されます。

また、Price(価格)には、チャートを分析した結果や売買の板を見た結果など総合的な判断の下、自分が購入したい金額を入力することをお勧めします。

仮に指値をした金額が現在の相場より安い場合でも、自分が入力した価格(指値した価格)まで後々価格が下落した際は、自動的に購入されますのでご安心ください。

 

⑥購入数量はAmountに直接手打ちをすることが出来ますが、保有しているベースコインのうち「数%を使用して購入する」という簡易的な手段もあります。

 

⑦数量と購入価格を入力した後は、緑の「Buy ADA」を押して決定処理を行います。

 

⑧決定処理を行った後は、左側の板に反映されます。上(赤枠)が売り板(緑枠)が買い板になります。

 

買い板と売り板の間にある価格は売り板の最安値を示しており、その価格で指値をした場合は対象のコインをすぐに購入することが出来ます。

 

⑩板の見方ですが、左が指値してある価格(緑枠)で右が発注残数(赤枠)になります。

この数量をみることで売り圧力が強いのか、買い圧力が強いのかを一時的ではありますが、判断することが出来ます。

 

⑪売却方法に関しては、上記の買い方と同様になります。

 

ADAの送金方法と出金の方法について

送金方法について

①まず始めに他取引所からADAを送金してくる場合の受け取り方法を説明します。

Deposit」(受け取り)を選択します。

 

②Depositの画面に移りましたら、コインの選択でADAを探して選択します。

選択後は受け取るための送金アドレスが表示されますので、緑枠をクリックするとアドレスが全てコピーされます。

このアドレスを送金元の「送金先アドレス」に貼りつけて下さい。

 

出金方法について

①バイナンスからADAを出金するための方法を説明します。

始めに「Withdrawals」(引き出し)を選択します。

 

出金するコインを選択します。ADAを探して見つけましたら選択して下さい。次に送金先のアドレスを貼りつけます。

先程ADAを送金してくる際に、「送金先の取引所でADAを受け取るためのアドレスを表示させることが出来る」という説明をしました。

つまり、送金先でADAを受け取るためのアドレスをコピーしてきて、こちらに貼り付けます。

次に出金するADAの数量を入力して下さい。数量の入力が完了しましたら黄色の「submit」ボタンを押すと完了になります。

 

こちらではADAの送金・出金について説明をしましたが、ADAをBTCやETHに換金してから送金や出金をする方法も同様になります。

また、コインの種類により処理能力が異なるため、処理が終わるまでに時間がかかる場合があります。

 

例えば、BTCの場合は最長で3日間待ち、処理が完了したことも経験したことがあります。

送金の速さで有名なXRPを同時期に送金したところ5分で処理が完了となりました。

そのくらいコインの種類により、処理が完了するスピードが異なる場合があるということだけは認識しておきましょう。

さいごに

バイナンス(海外取引所)を使用するには日本の取引所を開き、ビットコインやイーサリアム(基軸通貨)を購入後送金という流れになります。

バイナンスでは日本円では取引ができません。

ですので国内取引所の口座を早めに開いておくことをおすすめします。

新規参入者が殺到すると実際の取引開始まで1か月近くかかる可能性もあります。

スピーディーに動いてチャンスを掴みましょう。

◆ビットフライヤー無料口座開設はコチラ
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

◆ザイフ無料口座開設はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です